エアコン取り付け時に化粧カバーを取り付けるには

エアコンは室内機と室外機をつなぐパイプが必要になりますので、パイプを通す穴をあけなければなりません。木造家屋であればエアコン取り付けの位置に穴をあけることが出来ますが、鉄筋コンクリートの場合は最初から穴が用意されています。これは鉄筋を切らないように穴をあける必要がありますので、設計の段階からすでに穴の場所が決まっているのです。そこで穴の場所とエアコンの設置位置が合っていれば問題ありませんが、場合によっては穴と合っていないこともあります。そういった際はパイプでつなげる必要があり、パイプが丸見えになってしまうのです。これではパイプが丸見えで見栄えが悪いので、化粧カバーを取り付けることがあります。こちらでは化粧カバーの取り付け方法について解説いたしましょう。

化粧カバーによって外観を美しく

化粧カバーはパイプをカバーするものですが、これによって外観を美しく保つことが出来ます。化粧カバーを取り付けない場合は配管テープでパイプを巻きつけるのですが、経年劣化によって配管テープが剥がれることも多いのです。特に室外機のパイプは外から丸見えなので非常に見苦しくなってしまいますが、化粧カバーを取り付けることでそれを防ぐことが出来ます。

そして、化粧カバーは室外機だけでなく室内機にも取り付けることが出来ます。室内はインテリアにこだわりたいものですが、そこで配管テープを巻いたパイプでは見苦しくなってしまうのです。特にクロス張りの部屋ではミスマッチになってしまいます。化粧カバーのデザインは豊富ですので、部屋にマッチした化粧カバーを選ぶことが出来るのです。

化粧カバーはオプション扱い

化粧カバーエアコンは家電量販店で購入する方がほとんどですが、エアコン取り付けの際には注意点があります。化粧カバーを取り付けるのであれば最初に伝える必要があるのです。化粧カバーはオプション扱いとなっているので、自分から伝えなければ化粧カバーを取り付けてもらえません。そして、化粧カバー取り付けの費用がかかりますので確認をしてください。

また、化粧カバーは室外機と室内機の両方に取り付けることが出来ますが、家電量販店のスタッフによっては室外機の化粧カバーしか取り付けない場合もあるのです。そのため、室内機の化粧カバー取り付けを希望している方は、必ず室内機の化粧カバーであることを伝えましょう。しっかり伝えなければ室外機だけ化粧カバーが取り付けられ、室内機は配管テープになることもあるのです。

化粧カバー取り付けの見積りを出す

化粧カバーの取り付けはオプション扱いとなっていますが、設置場所によって部材が異なりますので事前の見積りが欠かせません。エアコンの取り付け前に工事業者による訪問があり、そこで必要な部材や工賃の計算が行われます。これによって見積りが出ますので確認をしましょう。そして、費用に納得したら実際に工事の依頼をしてください。そして、室外機と室内機のどちらにも化粧カバーを取り付けることが出来るので、どのように取り付けるのか確認をしてください

そして、エアコン取り付けは業者によって仕上がりが異なります。プロであれば同じ仕上がりになるイメージがありますが、そのようなことはありませんので注意しましょう。エアコンをインテリアの一部として考えている業者をおすすめします

まとめ

エアコンの室内機と室外機に化粧カバーを取り付けることが出来ますが、これによって見栄えの良さやパイプの保護などのメリットがあります。化粧カバーの取り付けはオプション扱いとなっているので、工事の前に必ず伝えるようにしましょう。そして、工事を始める前には必ず見積りを出してもらってください。