エアコン取り付け時に化粧カバーを取り付けるには

エアコンは室内機と室外機をつなぐパイプが必要になりますので、パイプを通す穴をあけなければなりません。木造家屋であればエアコン取り付けの位置に穴をあけることが出来ますが、鉄筋コンクリートの場合は最初から穴が用意されています。これは鉄筋を切らないように穴をあける必要がありますので、設計の段階からすでに穴の場所が決まっているのです。そこで穴の場所とエアコンの設置位置が合っていれば問題ありませんが、場合によっては穴と合っていないこともあります。そういった際はパイプでつなげる必要があり、パイプが丸見えになってしまうのです。これではパイプが丸見えで見栄えが悪いので、化粧カバーを取り付けることがあります。こちらでは化粧カバーの取り付け方法について解説いたしましょう。

化粧カバーによって外観を美しく

化粧カバーはパイプをカバーするものですが、これによって外観を美しく保つことが出来ます。化粧カバーを取り付けない場合は配管テープでパイプを巻きつけるのですが、経年劣化によって配管テープが剥がれることも多いのです。特に室外機のパイプは外から丸見えなので非常に見苦しくなってしまいますが、化粧カバーを取り付けることでそれを防ぐことが出来ます。

そして、化粧カバーは室外機だけでなく室内機にも取り付けることが出来ます。室内はインテリアにこだわりたいものですが、そこで配管テープを巻いたパイプでは見苦しくなってしまうのです。特にクロス張りの部屋ではミスマッチになってしまいます。化粧カバーのデザインは豊富ですので、部屋にマッチした化粧カバーを選ぶことが出来るのです。

化粧カバーはオプション扱い

化粧カバーエアコンは家電量販店で購入する方がほとんどですが、エアコン取り付けの際には注意点があります。化粧カバーを取り付けるのであれば最初に伝える必要があるのです。化粧カバーはオプション扱いとなっているので、自分から伝えなければ化粧カバーを取り付けてもらえません。そして、化粧カバー取り付けの費用がかかりますので確認をしてください。

また、化粧カバーは室外機と室内機の両方に取り付けることが出来ますが、家電量販店のスタッフによっては室外機の化粧カバーしか取り付けない場合もあるのです。そのため、室内機の化粧カバー取り付けを希望している方は、必ず室内機の化粧カバーであることを伝えましょう。しっかり伝えなければ室外機だけ化粧カバーが取り付けられ、室内機は配管テープになることもあるのです。

化粧カバー取り付けの見積りを出す

化粧カバーの取り付けはオプション扱いとなっていますが、設置場所によって部材が異なりますので事前の見積りが欠かせません。エアコンの取り付け前に工事業者による訪問があり、そこで必要な部材や工賃の計算が行われます。これによって見積りが出ますので確認をしましょう。そして、費用に納得したら実際に工事の依頼をしてください。そして、室外機と室内機のどちらにも化粧カバーを取り付けることが出来るので、どのように取り付けるのか確認をしてください

そして、エアコン取り付けは業者によって仕上がりが異なります。プロであれば同じ仕上がりになるイメージがありますが、そのようなことはありませんので注意しましょう。エアコンをインテリアの一部として考えている業者をおすすめします

まとめ

エアコンの室内機と室外機に化粧カバーを取り付けることが出来ますが、これによって見栄えの良さやパイプの保護などのメリットがあります。化粧カバーの取り付けはオプション扱いとなっているので、工事の前に必ず伝えるようにしましょう。そして、工事を始める前には必ず見積りを出してもらってください。

エアコン取り付け工事の前に準備しておくべきこと

暑い日が続くと家電量販店などでは飛ぶようにエアコンが売れ、工事予約も立て込んでいますが、一人の消費者側からすると、エアコン取り付け工事というのは頻繁にすることではなくわからないことが多いものです。エアコンを取り付ける工事の日程が決まったら、当日までに何か準備しておく必要があるのでしょうか。ただ何の用意もなく業者が来るのを待っていてよいのか不安に思う人もいるでしょう。このサイトでは、エアコン取り付け前に必要な準備について説明します。

エアコン本体一式を準備

エアコン工事業者に取り付けてもらう場合に必要なものは、まずはエアコン本体一式です。具体的には、室内機と室外機、そしてリモコンです。換気や除湿機能付きのエアコンの場合、メーカー純正部品のホースが必要になります。必要な長さ分準備しましょう。長さが足りないと後日追加作業となる場合があり、追加作業が発生する可能性があります。家電量販店やネットで購入して、工事がセットになっている場合は、必要な物品は工事日に業者がすべて持ってきてくれます。

作業スペースの確保

作業準備物ではありませんが、重要なのが作業スペースの確保です。室内機の設置のために設置場所の下に脚立を立てて作業します。その周辺に機材を置くこともありますので、スペースは広めに確保しておきましょう。1.5m四方くらいの毛布のような布を敷いてその上に脚立やエアコン、ホースなどの部材を置いて作業を行ったりすることが多いです。また、特に引っ越しで中古のエアコンを移設して取り付ける場合にはホコリも立ちやすいので、食器や赤ちゃんの衣類など、ホコリを避けたいものは別な部屋に移動したりカバーで覆ったりなどしておいたほうがよいですね。作業スペース以外でも、エアコン本体や機材など大きなものを持って移動しますので、作業スペースの周りや廊下なども、作業しやすいようにある程度片づけておいたほうが安全にスムーズに作業が進みます。知らない人が部屋に入って作業するわけですから、見られたくないものは押し入れに入れたり他の部屋に移したりするなどしておきましょう。また、室外機を置く場所にも、大きな物を置いていたりすると作業に支障が出ますので事前に片づけておいたほうが作業がスムーズです。

リサイクル券は買っておく必要がある?

エアコンの処分にはリサイクル券が必要です。古いエアコンを自分で処分する場合には自分でリサイクル券を購入する必要がありますが、エアコン買い替えなどで取り付け工事業者に引き取ってもらう場合、事前にリサイクル券を買って準備しておく必要はありません。工事業者が発行してくれますので大丈夫です。

賃貸物件の場合の準備

工事自体のために準備すべきものは上述した通りですが、賃貸物件にエアコンを取り付ける場合、取り付け工事に入る前に大家さんに連絡を入れ、エアコンを取り付けることを伝えましょう。特に、新築アパートだったり今まで住んでいた人がエアコンをつけていなかったりした場合は注意が必要です。エアコンの取り付け作業では、直径5~10cmの配管穴やねじ穴を開けることが必要になります。大家さんや管理会社への連絡なく、居住者が勝手に部屋の中と外を貫通する穴を開けることは原則禁止されています。新たに配管穴を開ける場合は、どの位置にエアコンをつけるかまで含めて伝え、退去時の原状回復についても確認しておきましょう。

プラスアルファの気遣いとして

必ず必要な準備ではありませんが、真夏の暑い日に取り付け作業を依頼する場合など、作業員さんに冷たいお茶などを用意しておいてもよいですね。ペットボトルで出してもコップでも構いません。猛暑の中、朝から夕方まで作業している側からするとうれしい気遣いではないでしょうか。

エアコン取り付けは繁忙期を避けるべき

エアコン取り付けはプロである業者に頼まなければいけません。素人が自分でやろうとするのはとても危険なことです。失敗してしまう可能性が高く、トラブルが生じてしまうこともあります。そのため、エアコンをこれから設置したいならば、業者に依頼することになります。ただし、業者を利用する際には繁忙期に気をつけなければいけません。業者は忙しくなる時期があるのです。その時期に依頼をしたとしても、なかなか対応してくれないでしょう。

こちらではエアコン取り付けをしてくれる業者について、繁忙期はいつごろなのかを教えましょう。また、繁忙期についての注意点も説明しましょう。繁忙期について気をつけておくことによって、問題なくエアコン取り付けを業者に依頼できます。

繁忙期はいつなのか?

ひまわりエアコン取り付けの業者は1年中忙しいわけではありません。年間を通して忙しい時期もあれば、比較的暇な時期もあるのです。忙しい時期としてはやはり夏場と冬場になるでしょう。これらの時期というのはエアコンが一番必要とされる時期です。すでにエアコンのある家庭であっても、それが壊れてしまって新しいものに交換したいときには業者を利用します。そのため、どうしても夏や冬には業者が忙しくなってしまうのです。

逆にあまりエアコンを使わない季節である春や秋については基本的に暇になることが多いでしょう。業者にあまり依頼が寄せられないため、この時期であればスムーズに予約を入れることができるのです。

繁忙期は料金が高くサービスの質が落ちやすい

繁忙期というのは次々と業者に予約が入れられている状況となっています。その業者のスタッフは1日中いろいろな家庭を訪問して、そちらでエアコンを設置していくことになるでしょう。そのため、予約を入れることが難しくなり、料金も高くなりやすいです。繁忙期であれば、たとえ料金を高くしたとしても、利用者は利用するのです。それだけエアコンの取り付けをしたいという需要が高まっている時期のため、料金も高くなるのです。

また、サービスの質が落ちやすい時期でもあります。繁忙期になるとスタッフの負担はとても大きくなってしまいます。早く次の現場に向かわなければいけないからです。心労も溜まってしまうでしょう。そのため、どうしてもスタッフの集中力やパフォーマンスが落ちてしまい、作業がいい加減になってしまったり、ミスをしてしまったりする可能性があるのです。本来必要な工程を飛ばされるような可能性もあるため注意しましょう。

シーズン前にエアコンの準備をする

夏や冬になれば確実にエアコンを利用することになるでしょう。特に夏場というのはエアコン以外に部屋を涼しくするための手段は相当限られており、エアコンを使わざるおえないような状況となります。熱中症のリスクも高まってしまい、寒さよりも人にとっては危険な状況となります。そのため、夏前にはエアコンの取り付け工事を終わらせておくと良いでしょう

たとえば4月から5月にかけての時期であれば、比較的業者の利用者は減っています。これらの時期であれば、安心して業者に依頼することができるでしょう。料金は安くなっており、予約も入れやすくなっていて、サービスの質も高まりやすいのです。エアコンをしっかりと取り付けてもらうことができます。どの時期にエアコンを取り付けるべきか迷っている方は春頃にしておくと良いでしょう。ただし、3月は引越しシーズンのため業者が忙しいことが多いです。引越しのシーズンが終わって落ち着いてきた頃であれば繁忙期も過ぎているため、業者を利用するのにおすすめのシーズンとなります。

また、繁忙期以外であればエアコンの価格も安くなりやすいです。そのため、お得に新しいエアコンを設置できます。